なんか違う欧風カレー

A(下茹で)
牛スネ 650gくらい
ローリエ 4枚
スターアニス 1かけ
しょうが 3切れ
ネギ 半分くらい
白ワイン  適当
B(テンパリング)
コリアンダー 1つまみ
カルダモン 2粒
ブラックペッパー 2粒
ホワイトペッパー 2粒
鷹の爪 3本
シナモン 4分の1
C(野菜)
玉ねぎ 大3個くらい
にんにく 3かけ
しょうが にんにくと同じくらい
D(肉の漬け込み)
赤ワイン、カシスリキュール 適当
塩コショウ、ナツメグ 適当
E(スパイス)
パプリカ スプーン2
コリアンダー スプーン1
オールスパイス 3振り
●コリアンダー ひとつかみ
●カルダモン 5個
●ブラックペッパー 5個くらい
●シナモン 半分
小麦粉 大匙1くらい
バター 2cm くらい


肉を下茹でする。
鍋にちょっと油をひいて強火でちょっと焼き色を付けてから
Aの他のものを入れてすべてが浸るくらい水を入れる。
ワインを適当に入れて1時間くらい煮込む。

ねぎは青い部分がよかったのでしょうが
今回はなかったのでなるべく青い部分に近い白い部分です。


別のフライパンでテンパリング。
Bの材料を少量のオリーブオイルで。
いい感じに香りを出したらスパイスをすべて濾して
テンパリング後の油でCのにんにくしょうがを炒める。


②のにんにくしょうががこげる前に玉ねぎを入れて時間をかけて炒める。
今回は1時間ぐらいでやめました。小麦色くらい。


玉ねぎを炒めている間、茹で上がった肉が待ちになってしまうので
いったんスープから出してDの材料につけておく。
スパイス類は軽く揉みこんで液体は浸るくらいで 赤ワイン:カシス = 4:1 くらい。
この時のスープは後で使うので肉以外の材料を濾しとって取っておきます。


ある程度玉ねぎを炒めたらスパイスを準備します。
今回はカレーライスっぽいカレーを目指していたので、
スパイスを小麦粉と炒めます。
Eの材料のうち●のついているものはホールのスパースなので
電動ミルで細かくしてから炒めます。
本当は臼やすり鉢ですりつぶすのがいいのでしょうがなかったので。
この時ミルの調子があまりよくなく粒が大きめでしたが仕方ないのでそのままいきます。

スパイス類を先に炒め香りが立ってきたら小麦粉を入れさらに炒めます。
色が変わってきたらバターを入れてなじませます。
チョコレートみたいな香りでした。


空の鍋に漬けておいた肉を汁ごと入れて一度沸騰させます。
沸騰したらすぐに玉ねぎを入れて軽く混ぜ合わせ、
すべての具材が浸るくらい水を入れます。
そこへ肉をゆでた時のだしをすべて入れ30分くらい煮込みます。


鍋からスープを少し取り出し⑤のスパイスを伸ばします。
スパイスがさらさらになってきたら鍋に戻して
適当な調味料で味を調節して完成です。

味も粘度ハラシライス近い感じ。小麦粉をもっと入れてよかった。
スパイスを焦がしすぎたのかもったりした味。
後味が薄い。もっと野菜の出汁が必要かも。
肉の味が薄いので④の工程をゆでる前にやるべきだったかも。