Vagrant の WordPress 用開発環境を作れました

まだまだ WordPress のブログとしての機能すら満足に使えていないのですが、テーマなどをいじってみたい気持ちがあったので開発環境を整えるところから試してみました。

そもそもわざわざサーバーやドメインを取得して WordPress を使ってるのはいろいろとカスタマイズしてみたかったからでもあります。

 

WordPress のパッケージをそのままローカルに落として、多少使ったことのある XAMMP  を使ってやればできるのかなとも思いましたが、折角なので他のものも調べてみたところ、

WordPressコアコントリビューターに聞く「ぼくのかんがえた最強の開発環境」

この記事の VVV というものが気になりました。

正直、最初に読んだ時にはどういったものかよくわからなかったのですが、とにかく「仮想開発環境」というワードに惹かれました。

雰囲気から入るのにはぴったりではないのでしょうか。

どうやら VVV は Vagrant というソフトのパッケージのひとつのようです。

 

とは言ったものの、仮想環境といったものには今まで触れたことはないのでふわっとしたイメージしかないのですが、

 

https://dogmap.jp/2013/09/13/varying-vagrant-vagrants/

ひとまずこちらを参考に環境を準備して使ってみることします。

 

 

まず VirtualBox と Vagrant をインストールするのですが、何も考えずに最新版をダウンロードしました。

https://www.virtualbox.org/

https://www.vagrantup.com/

 

vagrant version でインストールの確認もできたので、次は VVV をインストールします。参考にしたサイトでは git を使ってダウンロードしていたので、この時に git もインストールしました。

私家版 Git For Windowsのインストール手順

大体このサイトの通りにインストールしましたが、今回やったのはインストールまででグローバル設定などはやりませんでした。
インストールだけでも VVV のダウンロードは問題なくできました。

 

その後、ダウンロードした VVV のあるディレクトリで vagrant up して、かなり長いインストールが終了すると、

http://192.168.50.4

で VVV のトップページにアクセスできるようになりました。

 

しかしトップページからリンクが出ている WordPress 関係のリンクにはどれもアクセスできません。

参考にしたサイトのでは、/etc/hosts に VVV に割り当てられた IP アドレスやリンクを何やらするようには書いてあるのですが、
そういわれてもいいまいちよくわからなかったのですが、

WindowsでVagrant+WordPressの環境作ったよ(導入編)

このサイトに詳しい説明が書いてありました。
どうやらアクセス許可が必要なようです。正直ここは読んでもよくわからなかったので書いてある通りに Vagrant の Hostupdater をインストールしてアクセス許可を編集しました。

アクセス許可を編集してからは、先ほどはアクセスできなかった WordPress のリンクにもアクセスできるようになっていました。見覚えのある WordPress の初期設定画面につながります。

通常の WordPress と同じようにユーザー名やメールアドレスを登録しなくてはいけないのですが、どうせ開発用なので適当でいいと思います。初期設定が完了するといつものダッシュボードです。

ちなみに3つのリンクはすべてダッシュボードへのリンクっぽいです。(初期設定がまだなら初期設定がすんでからですが)
名前的に開発用っぽいのですが、インストールされているテーマの数くらいしか違いが見つかりませんでした。

 

VVV に WordPress をインストールができたら、あとは VVV の中のファイルを編集すればその編集がすぐに反映されます。

http://local.wordpress.dev/wp-admin/ でアクセスできる  WordPress のファイルは

VVV\www\wordpress-default\public_html あたりにあります。

今回は完全に開発用なのでダミー記事をインストールしました。

WordPressに「様々な場面を想定した日本語のダミー記事」をインポートしてテーマの表示テストをする方法

古いものらしくエラーがすごい量出るのですが、とくに問題なく記事はできていました。

 

 

 

2回目以降の vagrant up はそんなに時間もかからないし、ファイルの更新も即反映されるので、今のところ不便に感じることは全然ないのですが、かといって特別便利だなとも感じません。

仮想環境内のファイルまでが遠いのでローカルのファイルと同期してくれれば楽なのかなとちょっと思いました。

 

 

いろいろとサイトを見ていると、vagrant destroy で環境を破棄と書いてあるのですが、終了コマンド的なものと勘違いしていました。
destroy をすると WordPress もリセットされてしまうようです。

最初はリセットの原因がわからず、何度か初期設定をやり直しました。

終了するときは vagrant halt を使いましょう。

WordPressのカテゴリー検索ができない時の設定

WordPress の初期設定のままなのに、カテゴリー検索をすると記事が何もヒットしない問題の解消方法です。

WordPress のバージョンは4.8です。

 

WordPress の設定画面から

設定 > パーマリンク設定 で設定画面を開き、共通設定の項目を変更し「変更を保存」ボタンで設定を反映します。僕の場合、初期設定は「日付と投稿名」になっていました。

 

これでカテゴリー検索で記事がヒットするようになります。

なぜかその後、初期設定を含む他の設定に変更してもカテゴリー検索が可能です。一度設定を変更することでカテゴリーとリンクが紐づくのでしょうか。