錫のグラスを作る話 -1回目のまとめ-

今回は失敗してしまったのですが、いい区切りという事で反省点をげていくと、

  • sketch up で作成したファイル縮尺が正しく反映されなかったのもあってか、モデルの厚みが薄かった(グラスとしては調度いいが、やすりをかけるなどの加工を躊躇してしまう)
  • 牛乳パックの型枠はやはり強度が足りない。粘土を押し込む際にどうしても変形してしまう。そこから型枠との隙間ができてしまう。
  • グラスという形状上型は細長くなるので、型枠にはめてからの土台の成形は難しい。柔らかい型枠だと、あらかじめ成形した土台に型枠をかぶせる方法がやりにくい。
  • 型枠の下からはみ出すように土台を作っておかないと、型枠と土台の隙間があった場合大変。
  • 型のパーツを作る順番は逆のほうがやりやすかったかも。(凸のパーツのほうが型枠の口から土台までが近ので、型枠をかぶせた後の作業がやりやすそう)
  • やはりモデルの接続箇所の微妙な段差や、表面ざらつきもあってか、石膏がまったく抜けないので、パテで段差を埋めたり表面を滑らかにしたりといった加工が必要かもしれない。

細かく振り返るともっとあると思いますが、ざっとこんな所でしょうか。

 

そこそこ間が開くかもしれませんが、また作戦を考えて挑戦しようと思います。

また書きます。

錫のグラスを作る話 -型作り-

では

錫のグラスを作る話 -型作りの準備-

こういった感じを目指して型を作っていきます。

 

 

この画像で言う凹の方から作っていきます。

今回は

こちらのブログでもやっているように、初めに2つのパーツのうちの片方を粘土で成形し、もう片方のパーツの形に開いた空間に石膏を流し込む方法で作るので、凹の方だと土台を粘土で作りそこにモデルを伏せるように置くだけで簡単だろうと考えました。

 

 

まずは型枠を作ります。

今回は参考にしたブログと同じように牛乳パックで作成します。

砂型でやろうとしていた時は、砂に圧力をかけて固めるのである程度の強度が必要になるため、機の型枠を用意しようと考えていましたが、今回は石膏にしたので牛乳パックです。水はけが良くて調度いいのではないでしょうか。

牛乳パックをそのまま使えたら楽だったのですが、若干幅が足りなかったため2つのパックを重ねて一回り幅の広い枠を作りました。それを底を切って筒状にします。

 

続いて1度目の石膏の流し込みの際にもう片方のパーツをふさぐための土台を粘土で作成します。

前述のとおり粘土で土台をつくりその上にグラスのモデルを伏せる形で置きます。なるべく前回の記事で書いたような傾斜や空気穴をつけたいのですが、まぁうまい事いきません。グラス用で

なかなかうまくいったんじゃないかな?というのができても、うまいこと牛乳パックの型枠にはまらなくて作り直したりを何度か繰り返しました。最終的に

型枠に粘土を詰める → 詰めた粘土を一度取り出しひっくり返す。そうするときれいに平らになった面が使えます。 → 平らの面に傾斜を掘ったりして目的の形に成形 → 粘土の上にモデルを置いて隙間を粘土で埋める → その粘土を型枠に戻し型枠との隙間を粘土で埋める

といった手順で流し込み用の型を作成しました。

最後に流し込む用の穴を確保するために粘土を置いて型の型の完成です。

石鹸水とつけておくと石膏が取り外しやすいようなので、内側にまんべんなく塗っておきます

 

この型に石膏を流し込みます。

石膏はホームセンターで1㎏500円ほどで購入しました。

袋の説明によると1㎏に対して1.4リットルの水に溶かすようです。今回はパーツ2つ分を作るので半分ずつ溶かします。

700ml の水をバケツに入れそこに袋の半分だけ石膏を入れます。今回は残念ながら量りを用意できなかったので、袋から直接半分くらいを投入します。余談ですが僕は冷凍チャーハンは2食に分けて食べますが、何故だか毎回一度目の量が少ないようで二回目のチャーハンを皿に出した時に一度目とのギャップで驚いてしまいます。

その後も袋の説明に従い石膏を準備します。

 

それでは、石膏が準備できたので先程の型に流し込みます。

 

 

大事件です。

型枠との間に隙間があったようです。

机の下にはカーペットが敷いてあるので、それはもう大変な事件です。石膏が垂れてしまった箇所は今でも若干カピカピしています。

机に漏れ出してしまった石膏をバケツに戻した後、ベランダに作業場所を移しました。

ありがたいことに漏れ出した石膏が粘土板の上で固まってくれたので、2回目に石膏を流し込んだときはそこまで漏れ出すことはありませんでした。

 

石膏の袋には30分ほどで固まると書いてあったのですが、面倒くさくなってしまったので型から取り出すのはまた次の日にしました。

 

 

次の日、ベランダに放置した石膏を型から取り出そうと窓を開けると、ベランダの床が白く染まっていました。

ベランダの汚れは雨風にさらされているうちに薄くなってくれる事を期待してとりあえず石膏を型枠から取り出します。さすが隙間を石膏が通っただけあって枠とがっちりはまってしまっていて取り出せません。仕方ないので型枠を切ってしまいます。牛乳パックでよかった。

枠から外すとこんな感じです。

下の粘度の部分にもしっかり石膏がついていますね。

粘土は簡単に取り外せました。

分かりにくい写真しかないのですが、傾斜の部分がとんでもなくがたがたしています。しかもその割に傾斜は緩く、がたがたなのもあってあまり傾斜とは言えない感じです。空気穴も用意していたのですがきれいに消えてしまいました。

粘土の土台と型枠をくっつける際にそうなってしまったのでしょうか。

粘土をうまく扱えていなかったのである程度は汚い仕上がりとは思っていましたが想像以上でした。モデルも思った以上に土台の粘度に埋まっていたようです。

 

本当はここからモデルを埋めたまま反対側の型を作るのですが、昨日の事件で若干匙を投げかけていたのもあり、とりあえずモデルを引き抜いてみることにしました。

しかし押しても引いてもまったく抜けそうにありません。石鹸水を塗ってみてもまったく変わりません。

 

考えた結果、モデル(3500円)と石膏(250円)の値段を考慮して、石膏を割ってモデルを救出することにしました。

水分が多いのか、乾燥が足りていないのか石膏の中の方は若干湿っている感じがしました。

モデルは無事に取り出せました。

 

 

 

石膏垂れ流し事件や、粘土や石膏の後片付けがめんどくさかったりで今はモチベーションが下がっていますが、もうすでに錫を購入してしまっているのでまたしばらく置いて再開するのかなと思います。

とりあえずあまり時間が開かないうちに今回の反省点をまとめて記事にしたいです。

 

錫のグラスを作る話 -型作りの準備-

前回から期間が開いてしまいました。

 

前回3D出力したモデルが届き、つなぎ目の凹凸や全体的な質感などを改善するために一度微調整用に錫グラスを作成するため、砂の鋳型を作成しようと考えました。

 

砂型を作ると決めたものの、いろいろと方法を考えてもうまいやり方がなかなか思いつかずにいました。(特に一度モデルを砂に埋めた後に、モデルだけを取り出して砂型にする工程が難しそう。実践していないのであくまで予想ですが。)

なので、石膏もやすりをかけてツルツルにできるということ、鋳型用砂よりも石膏の方が圧倒的に手に入りやすい(石膏はハンズやホームセンターでも売っていますが、砂はホームセンターにもありませんでした。ネットでは一応売っているようです。)という理由から、初めから石膏で型を作成し型の方を調整するよう予定を変更しました。

 

 

 

石膏型の作り方については

主にこちらを参考にして考えました。

この記事では粘土用の型なので、鋳造とは勝手が違うとは思いますが手順が分かりやすい記事です。

何度か書いていますが、今回は比較的単純な形なので上と下の2つのパーツで構成させたいです。ちょうどグラスを外から覆う凹のパーツと、グラスの内側の凸のパーツですね。写真のように凹の底面にあたる部分に注ぎ口を設けます。

2つのパーツの接触面は、錫の漏れだしを防いだりできそうなのと、いい具合にカポッとはまることを期待して外側に向けて上がっていく傾斜をつけようと思います。

 

この型に溶かした錫を流し込むわけですが、錫が冷えて個体になる前に型の下まで流れていかなくてはなりません。溶かした錫がどれくらいの粘度なのかがわからないのも不安ですし、グラスは細く長いので詰まってしまうかもしれません。

そこで、2つのパーツの接触面に空気を逃がす用の穴をあけたいなと考えてます。あまり水平に近いものにしてしまうとそこから錫がだらだら出てきてしまいかねないので、接触面の傾斜はそこそこ攻めた角度にした方がいいかもしれません。

 

 

 

といった感じに石膏型を作りたいです。

この記事内では、考えています、などの予定風の言い回しを用いていますが、実はもう型作りを実施して結果が出ております。

それについてはまた次の記事で書こうと思います。

なるべく早めに書きたいです。

錫のグラスを作る話 -3Dプリントが届きました-

先日DMMの3Dプリントサービスに注文していた鋳型を作成するもとになる型が届きました。

 

2つに完全にわかれたモデルだと別々にパッキングしてくれていました。

同一ファイルなので番号はおなじですね。

 

袋から出すとこんな感じです。

 

見てみてわかるのですが、案外カクカクしています。

モデルにサブディビジョンサーフェスでもかかってたのかな?と思って改めてモデルを見返してみましたが、しっかりとカクカクしていました。

横から見ると気づきにくいですが真下から見たら明白です。

完全にチェック不足でした。

しかしまぁ、この角ばっている感じもそれはそれで悪くはないのでしょうか。

 

繋げるとこんな感じです。

10㎝*6㎝ ですが、実物を見ると想像よりもだいぶ小さく感じました。

価格を抑えるために小さくしなくてよかったです。

 

ふたつのパーツは接着剤で固定してしまいました。

なるべくピッタリになるように合わせたのですが触ってみると若干あってないのかな、という部分もあります。

それと、パーツの分かれ目の部分にどうしても溝ができてしまうようです。

 

今回はナイロン素材を選択したのですが、思っていたよりも強度がり安心感があります。

質感はざらざらした感じがあり、素材によるものかモデルによるものかはわかりませんが、よく見ると横向きに繊維の様な細かい模様も見えます。

 

 

これをもとに鋳型を作成していきます。

今回はグラスという事で形としては単純なので、3Dプリント出力の段階で何も問題ない型ができたのなら、石膏で型を作成してしまおうと考えていたのですが、

パーツの接続箇所の溝や、細かい角(垂直方向の角は味があるかもしれないが、水平方向にも細かい角がたくさんある)もあるので、ある程度やすりをかける等で形を整えてから型の作成に入った方がいいのかなと感じました。

質感的に今回届いたものにもやすりをかけても大丈夫そうではありますが、それで失敗してしまったら再度プリントしなおしになってしまうので、パーツを接着する以上の加工を施すのは避けたいです。

 

そこで、このモデルはそのままで一度鋳型を作成し、その鋳型からできた錫のグラスを加工しようかと考えています。

そうすれば加工に失敗したとしても再度3Dのモデルから型を作ればやり直しがききますし、表面的な加工は錫の方がやりやすそうな気もします。

手順としては、

① 今回の3Dモデルをもとに鋳型を作成(砂型)

② その鋳型から錫のグラスを作成

③ 錫のグラスを加工

④ 錫グラスをもとに再度鋳型を作成(石膏型)

⑤ ④の型からグラスを作成

というものを考えています。

①が砂型で④が石膏なのは、単純に①の方の型は一度しか使わない(うまくいけば)からです。

前述のとおり今回はグラスという単純な形なので完成形である④は石膏でいこうと思います。石膏型なら、もう一度作ろうと思った時も錫を流し込むだけでOKです。

 

今回の3Dプリントのでき次第で型の作り方も変わってくるだろうとは考えていたので次の段階の準備はまだ行っていないので、これからいろいろと用意していきます。(結局砂と石膏両方を作ることになりそうですが)

砂型の準備が整うか、砂型での鋳造ができたかあたりでまた書こうと思います。

錫のグラスを作る話 -3Dの型-

粘土ではうまいことグラスの形を作れなかったので3Dプリントで作ることにしました。

錫のグラスを作る話 -型の型-

 

今回は Sketch up の無料版、Sketch up Make を使って 3D モデルを作成します。

https://www.sketchup.com/ja

なぜ Sketch up にしたのかは忘れてしまいました。

3年程前に Autodesk Maya のを使ったことがあるのですが、学生版だったのでもう使えないんですよね。

 

とりあえず簡単に設計図を書きました。

設計図ってなんでしたっけね

ウイスキー用のロックグラスでは全然なくなっているのは、

3D プリントに手を出す少し前に、良い感じの切子のグラスを頂いてしまったからです。

なので今回はちょっと小さめのビールグラスをイメージしています。ビールはそんなに飲みませんが。

 

 

そんなこんなで Sketch up を触り始めたのですが、

面を作って高さを付けるというやり方がなかなかうまくいきません。(他に方法があるのかもしれませんが)

曲線をつけるのが無理すぎます。

パスでいい感じの曲線がかけたら最高なんですが、そういった機能も見つかりません。

 

では、Illustrator で断面を書き出してそれをフォロミーツールで回転させるのはどうでしょう、と思い Illustrator (CS5.5)のエクスポートを見てみるとしっかりと DXF 形式での書き出しが可能でした!

早速 Illustrator でパスで断面を描きます。

回転させるので断面の半分です。

 

これを DXF ファイルで書き出して Sketch up にインポートして円に沿って回転させようとしましたが、うまくいきません。

円と並べてみると一目瞭然ですが、インポートしたグラスの断面の方には面がありません。

どうやらこういう事らしいです。

makefaces とかのプラグインを入れるときちんと面をとってくれるらしいのですが、パスで囲まれたところの面をとるのにプラグインが必要というのが若干納得いかずいろいろといじっていると、

線ツールで線の枠からちょっと線をはやしたらインポートしたパスの方にも面ができました!

書き加えた線だけを消してもパスの方の面は残りますのでこれでOKです。

 

これをフォロミーツールで回して、中心にちょっと隙間ができてしまったのでそれを修正して、メジャーツールでサイズを整えて 3DS ファイルで書き出しました。

これを DMM.make に提出して見積もりを出してもらいます。

どうやら DMM の 3D プリンターは業界の中でも安い方みたいです。

今回はお試しみたいなところが強いのでちょうどいいのではないのでしょうか。

 

見積は2,3日かかるのかななんて思っていましたが、提出から10分程でメールで見積結果が来ました。

造形不可らしいです。

高さを100mm に設定したはずですが40倍くらいになってます。どうやらソフトによってはサイズがぶれてしまう様です。

 

仕方がないのでサイズを調整して(Sketch up 上では直径6㎜くらいになりました)再度提出。

今度もすぐに見積もりが届き、無事造形可能。

サイズ
X:65.2142mm x Y: 65.2142mm x Z: 97.6958mm
体積
48943mm3

このサイズで ナイロン ナチュラル 5,166円

あくまで型の型ですので素材は拘らないので、一番安い素材でこの値段です。

なかなか値段です。

 

これでうまく型がとれるかもわからないのでもう少し値段を抑えたいところです。

サイズを小さくすればもちろん安くはなるのですが、あまりに小さくすると使い勝手が悪くなってしまいます。

そもそも最初のサイズでちょっと小さめを想定してるのでなるべく小さくするのは避けたいです。

 

発注は少しおいておいてちょろりょろと調べていると、DMM での料金計算は単純なモデルの体積だけでなく、

モデルを直方体で囲った、その直方体の体積も重要なようです。(ソースは忘れてしまいました)

グラスは中が空洞なので直方体の体積はモデルの体積にくらべてかなり大きめになるので、どうにか直方体を小さくすればいけるのではということで

グラスを上下で分けてみました。

2つのパーツは全く接していませんが、いちばん値段の安いナイロン素材では複数パーツもOKらしいです。

このモデルで見積もりを出したところ、同じナイロン素材で3,541円まで抑えられました。モデルの体積はそこまで変化ありません(小さいサイズのモデルを Sketch up で保存していなかったので同じ倍率で縮小できていませんが)

 

現在このモデルで発注して、先日不在連絡票が届いていました。

日曜日に届きます。

 

錫のグラスを作る話 -型の型-

最近、錫のグラスを作成し始めました。

 

一人で勝手に作って勝手に使っててもそれはそれで粋だとは思いますが、

みんなに自慢したい気持ちも多少はありますし(できたての個人ブログで記事を書いても誰も見ないでしょうが)、

行程などの忘備録的な意味合いも兼ねてブログにしてみようと思います。

折角なのでいろいろと自由に作れる WordPress にしてみたので、

サイトのデザインやらも手を付けられたらいいなと思っています。

 

 

なぜ錫のグラスなんてトリッキーなものを作ってみようと思ったかと言いますと、

こちらの動画を見て錫細工に興味を持ったのが始まりです。

そんな時にちょっといいウイスキーを購入し、どうせならグラスもそこそこ拘りたいなと思い、錫のグラスの自作を思いつきました。

(当時の我が家にはウイスキーに似合うしゃれたグラスなどなく、マグカップと樹脂のコップしかありませんでした)

 

 

そんなわけで錫でグラスを作って優雅にお酒を飲もうと決めたわけですが、どうやら錫はかなり加工のしやすい金属らしく、

動画の様な鋳造以外にも、叩いて伸ばしたり、折り曲げたりして整形する方法もあるらしいです。

どうせ大量生産するわけでもないし、世界に一つが作れるそちらの方法の方が今回の制作には向いてるのかな、とも考えましたが、

最初のきっかけが鋳造だったこと、

整形にちょうどいい錫の塊を用意するのに結局鋳造なりの加工が必要そう、

といった理由から今回は型を作りそこに溶かした錫を流し込む鋳造を用いてグラスを作成しようと決めました。

 

 

ざっと調べたところ、実現できそうな鋳型には

・きめ細かい砂に圧力を加えて固めた型(再利用不可)

・石膏などでつくる固い型(再利用可能)

の2種類があるようです。

 

砂の方は、鋳造後に作品を取り出す際に型である砂を崩して取り出すため、

複雑な形状のものでも簡単に取り出せるみたいです。

その代り型は使い捨てになるので(毎回砂を替えるかはわかりませんが)

制作するたびに型を作るところからしなくてはいけません。

 

石膏の型の場合は何度も繰り返し使うことができますが、

型の形が固定されているため複雑な形のものを作成しようとすると、型を何パーツにも分けて作成しないといけません。

鋳造後は錫も固まっていますので、型と錫がかみ合って抜けなくなってしまいます。

 

ただどちらの型も、型を作るための型が必要なようです。

 

 

そんな訳でまずは型の型をつくろうと

東急ハンズで粘土を買ってきてグラスの形を作ろうとしたのですがうまくいきませんでした。

どうしても厚みが出てしまいとてもグラスとは言えません。

 

どうしたものかと考えて3Dプリンターという方法を思いつきました。

次回は3Dプリントでの型の造形について書こうと思います。

 

 

ちなみに購入したというお酒はラフロイグのセレクトカスクです。

以前ラフロイグの10年を飲んではまってしまいグラスもないのに購入してしまいました。

セレクトカスクの方はラフロイグらしい燻した香りが抑え目で、とっつきやついのかなといった感じです。

10年の方はセレクトカスクに比べ燻した香りが強めで、僕はこっちの方が好みです。

好みが分かれるとは思いますが、僕はこの燻した香りのおかげでアルコール感が抑えられて飲みやすいなと感じます。