神戸っぽいトマトチキンカレー

玉ねぎ 4つ
トマト缶 1個
鶏の肩肉 500g
ホールスパイス
シナモン 半分
ローリエ 4枚
鷹の爪 3本
コリアンダー 1g くらい
マスタード 0.5g くらい
生スパイス
にんにく 3かけ
しょうが にんにくと同じくらい
鷹の爪 2本
ハラペーニョ 2つ
パウダースパイス
ガラムマサラ
オールスパイス
パプリカ
ターメリック
オレガノ

 

ホールスパイスをテンパリング。
テンパリング後、ホールスパイスを越しつつ熱いままの油を生スパイスをすべてみじん切りしたものにかけて、ちょっと炒める。

玉ねぎをすべて入れて弱火で炒める。汁っぽくなるくらいまで。飴色まではしてません。

鶏肉に塩コショウとオレガノ、ガラムマサラを適当に揉みこんで下味をつけておく。
玉ねぎをいいところまで炒めてら一度皿に出して、強火で鶏肉に焦げ目をつける。

鶏肉が香ばしくなってきたら玉ねぎを戻しトマト缶と、トマト缶と同じ量のだしを入れる。今回は味噌汁を作った時の和風のだしです。

弱火で1時間ぐらい煮込む。たまにかき混ぜます。

パウダースパイスや塩コショウで味を調えて完成。

 

 

おいしいトマトスープって感じの味。あまりカレーっぽくはない。香りもカレーっぽくないが好き。

肉が柔らかい。

食べても脂っこいとはあまり感じないが、冷やすと表面が油の塊でおおわれる。今回は肩肉を使ったのでアクがあまりでなく、アク取りもしていないので油も取れていないからでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です